ストレスであったり、病気であったり、オウムが自分の毛を引き抜いてしまう毛引きは何らかの異常のサインです。

この異常を素早く察知して対処して愛するオウムを守れるよう今回は毛引きについて記事を書いていきたいと思います。

毛引きとは

ストレスや病気などで羽や体毛をいじり、それが癖になって毛がどんどんなくなっていく現象です。

様々な原因があり、発症例も多数寄せられています。

オウム 毛引き 対策

初期状態では羽毛をかじるところから始まり、だんだんエスカレートしていくとくちばしが届く範囲の体毛や羽を全部むしってしまいます。

羽や体毛だけでは飽き足らず、皮膚を傷つけ出血するまで行ってしまう場合もあるのです。

鳥類は全般的にかかる病気ですが特にオウムの場合はこの病気にかかりやすいそうです。

毛引きの原因とは

食事による栄養過多、ホルモンバランスの崩壊、体に付着した寄生虫など原因があるものもありますが、個体の性格により、なんとなく羽をいじっていたらそのまま癖になってしまうという対策のしにくいものまで様々あります。

一概にこのような傾向があってなるといったことはありませんので、日々の飼育しているオウムの観察が異変のいち早い察知が重要となってきます。

毛引きの治療法

まず、確認されたら専門の医師の相談を受けるのが無難です。そこで寄生虫が原因である場合は駆虫を施してもらえるでしょう。

スポンサードリンク

一般的には皮膚や羽をかじらないようにエリザベスカラーと呼ばれるエリマキトカゲの襟のようなものを装着します。

しかしこのエリザベスカラーによる治療が適合しない個体もいますので、ストレスで元気がなくなる、食欲が落ちる、体力がなくなったということが見られた場合は再度診察と相談を受けたほうが良いでしょう。

予防策としては普段の生活からストレスを与えないこと、オウムとの適度な距離を保つことが挙げられます。

まとめ

毛引きにかかってしまうのは先ほども述べましたように、誰のせいでもない時もあります。

あまり気負いすぎることなく、すぐに治療に取り掛かりましょう。

また、普段から愛情をもって接してあげることが何よりの予防対策ですので気をつけて愛鳥との生活を過ごしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク