オウムの飼育に必要なものは、まずは強い愛情と理解力です。ケージ、餌入れ、水入れ、押し餌器具、フード、オモチャは必需品です。

オウムのケージにはエサ入れ、水入れ、隠れられる場所、オモチャも二種類は用意します。紐を引くと音が出るような仕掛けも好きです。

ケージの広さは羽根を広げても充分な広さが必要ですが本当はそれでは充分とはいえません。

止まり木からカゴに飛び移ったりしますから、放鳥が一日2回出来ない場合は、サイズが大きなケージを用意します。

初期費用1万円以上、大きなケージはかなり高いものもあります。道具の他にかかる費用はプラスオウムの購入代金です。

オウム 飼育 方法 必要なもの

オウムの飼育方法

費用を見て、思ったより安いとは思わないで下さい。こちらは最低限の設備の場合です。オウムの種類によっては4.50万するものもいます。

近くに鳥専門の獣医さんがいるか、毎日放鳥する時間が取れるか、留守番は可能か、など調べておく必要があります。

餌はオウム専用のペレットのほかにおやつも必要です。フルーツや種、木の実を食べます。水浴びできる環境も必要です。

オモチャは積み木やボールが好きですが、サイズが大きなオモチャは苦手です。また飲み込んで喉に詰まらせないようにあまり小さなものも危険です。

冬の寒い時期はヒーターが必要になる場合もあります。できれば室温は、15度以下にならないようにして下さい。大人のオウムならある程度寒さには耐えられます。

水入れや餌入れは自分で外して、時には投げつけます。外れないように固定しておきましょう。止まり木はケージについていますが、大型のオウムなら太さのしっかりしたものに入れ換えたいですね。

スポンサードリンク

まとめ

オウムは仲間と認識するのに相手と同じ声で鳴くという性質があり、コミュ二ケーションのツールとして人の言葉を真似ます。知恵が発達しているオウムの場合は、餌や水、シャワーなど日々使う言葉は意味がわかって使ったりします。

また聴覚も優れていて、音楽な合わせて体を揺すったり、歌いながら脚を上げたりします。

明るい性格ですが、遊んであげないと、性格が悪くなり、ケージを揺すったり、大きな声でひっきりなしに鳴いたり、飼い主にも相当なストレスになります。大切に迎えてあげて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク