ペットを飼う場合は、ペットも飼い主も幸せな気持ちにならないと意味がありません。ただ好きだから飼うではあまりにも無責任と言うものです。ペットを飼うには費用が発生します。

予め詳しく検討しておく必要があるのです。

オウムの飼育にかかる費用

オウム 飼育 費用

初期費用について

・オウム 1万くらいから百万単位まで色々です。
・ケージ 1万くらいから色々ですが、大型の鳥なら3万から5万ほどのものを使っている方がほとんどです。
・餌、水入れ ケージに付属されています。
・オモチャは年間で2万円程。
・餌代は月に1万円程。
・オウム病の検査 2万円程。
・アクリルケース
・空気清浄機
・ペット保険

細かく書けば切りもないですが、餌とおやつとオモチャに1万円以上かかります。ペット保険も保障内容によって代わりますが、だいたい2万円前後です。

オウムは病気にもかかりやすいので、医療費もかかります。保険は急な手術に対応してくれますから必ず入りましょう。最初の一年間はとにかく出費が多いです。

オウムは長寿です。その間に、ソファーをかじってしまったり、椅子の脚はぼろぼろに、タンスもキズだらけ。言い聞かせても無駄ですね。オウムは突いたり噛んだりする習性があるのです。

また光熱費も計算に入れます。暖かいところに生息するオウムは寒さが苦手です。空調の整った環境が必要です。

スポンサードリンク

まとめ

オウムのような大型の鳥を飼うのは大変です。普段はいいのですが、いきなり叫び出すと止まりません。

おしゃべりも、気に入ったフレーズがあれば、こちらの体調はお構いなしで、ずっと同じことを話し続けたりします。唄も壊れたレコードみたいになってしまう時もあります。

あまりにもうるさいので、カバーをかけると、飼い主の名前を連呼したり、話せるだけにイライラすることもあるそうです。

しかし、何年か一緒に暮らすうちに、黙らせる方法も見つかりますし、ご機嫌にする方法も見つかります。

5歳くらいまでが手がかかり、生涯にかかる費用は400万では済まないでしょう。

また自分が動けなくなったあとも、心配です。オウムのために少しは貯蓄もしておいてあげたいものですね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク