オウムは時々、くちばしをかちかちさせることがあると言われています。
それにはどんな意味があるのでしょうか?

オウムがくちばしをカチカチさせる時

オウムがくちばしをカチカチさせる時とはどのような時を言うのでしょうか?

緊張や興奮、威嚇した時に起こす行動

オウムがくちばしをカチカチさせる時とは、緊張している時や威嚇をしている時、興奮をしている時などに起こるものだと言われています。

お部屋の配置が換わった時にも、緊張するときがあるようです。

オウム くちばし カチカチ 意味

どのようにして鳴らしているのか

緊張している時のカチカチは舌のくちばしを横にスライドさせて音を鳴らす感じで行われています。
くちばしを研ぐときにも、横にスライドさせるので、その時に応じて判断する必要があります。

嬉しい時のカチカチは上下にくちばしを動かしているので、あまり音が出ません。

カチカチってどんな音?

威嚇や緊張、興奮している時のカタカタは、鋭く通り感じの音を出します。
聴いていてあまり気持ちよくはないかもしれません。
ちょっとびっくりしてしまいます。

リラックスしていたり、嬉しい時のカチカチは、興奮時のカチカチと比べて小さな音です。
くもった音といった感じです。

音を出すのに使用するくちばしの位置も気持ちによって異なっています。

威嚇や緊張、興奮している時は、家のくちばし内部の突起部分に下くちばしを当てて音を出すのに対し、嬉しい時やリラックスしている時には、上のくちばしの先端部分に下くちばしを当てて音を出しています。

スポンサードリンク

まとめ

オウムを飼育している人には聞いたことがあるだろう、カチカチという音。
この慣らし方には、オウムの気持ちがあると言われています。

どんなふうに鳴らしているかによって、気持ちは変わってきます。

横にカチカチさせているようであれば、近況や威嚇、興奮している時に慣らしていると言われています。
くちばしを研ぐときにも同じような動作を行うので、判断に困ることもあります。

立てにカチカチさせている場合には、音もあまり大きくはありません。
リラックスモードの時や幸せな気分の時に出る音だと言われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク