ペットとしておなじみの鳥にインコやオウムなどのしゃべる鳥がいますが、オウムはどうしてしゃべるのでしょうか?

オウムがしゃべるのはなぜ?

オウムには他の鳥とは違う作りになっていると言われています。
そういった理由から、しゃべる鳥として言われるようになったのです。

舌が発達している

オウムの舌はほかの鳥に比べると、肉厚で良く動くように発達していることが言われています。
舌がよく動くので、人間と同じような言葉をしゃべることが出来るのです。

オウム なぜ しゃべる

喉の構造が人間と似ているから

オウムの体の発達は舌だけではありません。喉の作りが人間と同じように作られているのです。

そのため、発達された舌と合わせることによって、人間のように言葉を発することが出来ると言われています。

オウムは真似ることが大好き

オウムが人間の言葉をまねるのは、コミュニケーションの一つだと言われています。

野生の鳥の場合には、群れで生活をしています。
ひな鳥は、親鳥や仲間の鳥の鳴き声を真似して成長するのです。
トレーナーが口にした言葉も全て模倣すると言われています。

内容は理解していない

言葉はしゃべるのですが、言葉の内容までは理解していないことが多いと言います。
人間のように考えて物をしゃべるのではなく、あくまでただの発音として鳴いているに過ぎないと言われています。

オウムは言葉をしゃべるのですが、滑舌があまり良くないので、ちゃんと言葉として聞こえることは少ないようです。

スポンサードリンク

ヨウムは言葉の意味を理解できる

ヨウムは知能が高く、5歳児の知能だと言われています。言葉を理解して話すことが出来ると言われています。

おしゃべりをすることから、ペットとしても人気を集めていましたが、今では密漁や森林減少などによって、急激に数を減らしているようです。

まとめ

オウムがしゃべるのには、舌や喉が人間のように発達していることにあるようです。

そして、脳もしっかりと発達していることから人間の言葉をまねることが出来るようになり、しゃべることが出来るようになったのです。

しかし、言葉はしゃべりますが、言葉を理解しているわけではないと言います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク