動物園や花鳥園などでよく見かけるオウムですが、オウムは実は人間と同じくらいの寿命を持った長寿の鳥なのです。

どうしてそこまで寿命が長いのでしょうか?

オウムの寿命が長い理由について

オウムは人間と同じくらいの平均寿命だと言われています。最長で100以上生きているオウムもいると言われています。

寿命が長い理由には、どのような理由があるのでしょうか?

オウム 寿命 なぜ 長い

オウムの最長寿命とは?

オウムの種類によっても寿命が違ってくると言われていますが、オウムの平均寿命は30~70だと言われています。

キバタンという種類のオウムはオウムの中でも、特に長生きすると言われています。
今まででの記録でも、100歳以上生きたオウムもいたようです。

100歳以上生きることも可能なオウムですが、途中で飼い主さんが変わったため、正確にはどれだけ生きていたのかは不明です。

オーストラリアで100歳以上生きたオウムがすごく有名です。

オウムが長寿の理由

オウムが長生きする理由は、実のところはっきりとはわかっていません。

オウムの先祖が恐竜だったことから、恐竜の血を引いているという理由で長生きするという説も言われています。

オウムの呼吸のコントロールが出来ることも長生きの秘訣だとも言われています。

ゆっくりと呼吸をすることによって、心臓に負担がかからないと言われており、オウムは比較的ゆっくりと呼吸をするので、心臓に負担をかけずに長生きすることが出来ると言われています。

長寿動物と言われているオウムですが、その理由が明らかにされていないのは意外です。

スポンサードリンク

まとめ

オウムは平均では30~70歳まで生きると言われており、最長寿命でも、100歳以上は生きると言われています。

オウムは人間と同じくらい、人間以上に長生きすることもあります。

しかし、どうして長生きするのか、明確な理由については明かされていないと言われています。
オウムが長生きする理由が明かされていないのは不思議ですね。

オウムを飼育する人は、長生きすることを覚悟しなければいけません。
また、自分の方が先立つときのことを考えて、オウムを代わりに飼育してくれる人を見つけることも考えなければいけません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク