オウムには言葉を発することが出来るほかに、リズムに乗る能力もあり、好きな音楽に合わせて踊ることが出来ます。

オウムが躍る理由について

オウムにはリズム感があります。

リズム感があるのはどうしてなのでしょうか?

オウム 踊る 理由

しゃべる動物だけが持つリズム感

鳥の声は2000ヘルツ以上だと言われており、その一方でオウムたちは300~7000ヘルツと、広域の周波数の声を発することが出来るのです。

人との脳と、オウムの脳を比べてみても、似た構造をしていることが分かります。

これらの理由から、オウムにもリズム感があると言えるのではないでしょうか。

オウムは、発声を模倣することが出来、「新たな発声のパターンを獲得する能力」としても言われています。

オウムはどんな音楽が好きなの?

オウムによって好きな音楽は違ってくるようです。

ノリノリなロックが好きなオウムもいれば、落ち着いたクラシックが好きなオウムもいます。でも、クラシックは、ロックよりノリづらいようにも感じます。演歌が好きなオウムもいるようです。

鳥によって好きなジャンルはそれぞれのようです。

リズムを刻むことが出来るのはオウムだけ?

リズムを刻むことが出来るのはオウムだけなのでしょうか?

喋る鳥はリズムを刻むことが出来ると言われていますが、インコもオウム同様、リズムを刻むことが出来ると言われています。

喋る鳥であるなら、九官鳥もリズムを刻むことが出来るかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

オウムが躍る理由には、リズムを刻むことが出来るからだと言われています。

オウムの脳と人間の脳は似ています。
そして、オウムには300~7000ヘルツ広域の周波数の声を発することが出来ると言われています。

オウムによって好きなジャンルの音楽は変わっていて、幅広いジャンルで音楽を好みます。

音楽にのって踊っているオウムを見ると可愛らしく感じます。

リズムを刻むことが出来るのはオウムだけではなく、インコもリズムを刻むことが出来ます。
喋る鳥はリズムを刻む能力も持っているようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク