オウムの人気が高まるとともに、ヨウムと言われる種類の鳥類も人気が出て、飼育する人が増えてきました。

今回はそんなオウムとヨウムの大きさの違いに関する内容を中心に書いていきたいと思います。

分類について

オウムもヨウムも、大きく分けるとインコの仲間に分類される鳥類です。ではその違いは何か?

それは一目見てわかる体格の大きさです。オウムとヨウムはインコよりも大きく、大型鳥類と言えるでしょう。

オウム ヨウム 大きさ

オウムとヨウムの違いは、羽冠と呼ばれる、頭頂部に生えたトサカのような毛の有無です。オウムにはこの羽冠がありますが、ヨウムにはありません。

このようにオウムとヨウムで大きさは似ていますが、見た目は大きく異なります。

大きさに合わせた飼育方法

これからオウム、ヨウムを迎え入れようと考えている方は大きさに合わせたケージを用意するようにしてください。

オウム、ヨウムの一般的なサイズは体長約35cm、体重約500g程度です。オウムはヨウムに比べると比較的おとなしいですが最低でも45cm以上の高さのケージは用意してあげたいところですね。

ヨウムはもともとの生息地でも一日中飛び回ってエサを探しているような活発な鳥なので、50cm以上の広めのケージを用意してあげましょう。

但し、今述べましたのは最低限の大きさのケージとなりますので、できれば底が45cm以上高砂60cm以上のケージを購入することをお勧めします。

スポンサードリンク

購入費用や、設置スペースの都合がつかなければ、専門のショップに行って店員さんと相談してみるのもよいでしょう。適したケージの形状は一般的な四角い形のケージです。

変わった形のケージも個体によっては喜ぶかもしれませんが、怪我が多くなったりした場合は無理をせず、障害の少ないタイプのケージを選択してあげたほうが、オウムやヨウムにやさしい時もあります。

まとめ

オウムやヨウムは体の大きさだけでなく、性格や見た目も大きく異なります。

どちらを選んでも魅力的であることには変わりありませんが、体格や性格に見合った環境を提供したほうが飼い主の負担も減らせて、オウム、ヨウムもストレスなく過ごせると思いますので頑張ってください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク